2016/07/07 ( Thu )

絶対に欠かせない!夏のマストスキンケア!

奈美

カテゴリー:スキンケア

LINEで送る
Pocket

海と足の画像

絶対に欠かせない夏のマストスキンケアちゃんとしていますか?

太陽がカンカン照りのあつ~い夏。
友達と海へ行ったり、夏フェスに行ったりと何かと楽しいイベントがありますよね。

夏だもん!日焼けも汗も気にしてられない!
夏って乾燥しないしちょっとスキンケアしなくても大丈夫でしょ?

って思っている女の子は多いのではないでしょうか?

実は、お肌にとって夏の紫外線や汗はかなりの負担となっているんです。
シミもシワもないしまだ若いから大丈夫と思って油断してはいけません!
今年の夏からは、キチンと正しい夏のスキンケアを心がけてみましょう。

なんで夏のスキンケアが大切なの?

外人女性の画像

そもそも、なんで夏のスキンケアが大切なんでしょうか?

みんな知っていることですが、紫外線は浴び過ぎると肌に良くありません。紫外線を浴びることでお肌は黒くなってしまい、将来のシミの原因になります。さらには皮膚がんの原因にも。だから日焼け止めクリームを塗りますよね!
ただ、夏のダメージ肌の原因はこれだけでは無いんです。

夏の肌ダメージの原因は大きく分けて、紫外線・汗・乾燥の3つ

汗は毛穴で雑菌を繁殖しニキビを増やす原因になるし、夏の冷房は肌に直撃することでダメージが加わり乾燥肌の原因になります。

お肌がボロボロにならないためにも、夏のスキンケアが大切ってわかっていただけましたか?♡
美肌になりたい女の子はダメージ肌の原因をよく理解し、しっかり対策をとりましょう♪

紫外線が与える肌ダメージ

リンゴの画像

夏の強い日差しに含まれている「紫外線」は肌ダメージの大きな原因。

紫外線に触れるとお肌が焼けるだけでなく、シミやシワ、ソバカスにもなってしまいます。またメラニンが活発になり、必要以上に分泌されたメラミンが黒ずんだシミとなりお肌に現れてしまうことも。一度シミになると消えることが難しく、何年経っても残ってしまう場合がほとんど。しかも若い時には現れなかったシミが加齢と共にどんどん現れてくることもあります。そのため、今特に何もないからといっても油断は禁物なのです!
さらに、紫外線は美肌には必須の「透明感」を無くす原因にもなるんですよ。

紫外線が肌に悪いとなんとなく受け止めていると、少しの油断が出てきてしまいます。しっかり紫外線による肌ダメージを理解し対策をしていきましょう!

紫外線には自分に合った日焼け止めを

日焼け止めクリームの画像
紫外線対策には、SPFとPAの数値を参考にキチンと自分に合った日焼け止めを見つけましょう。
そもそも、日焼け止めに書いてあるSPFとPAの意味はご存知でしょうか?
SPFとPAは、UVAとUVB二種類からなる紫外線をどのくらいの時間、どのくらいの防御率でカバーしてくれるのかという目安です。数値が高い程、+の数が多い程紫外線を長時間防御してくれるというわけです。

しかし、数値が高く+が多いものを使えばいいという訳でもありません。
日焼け止めはお肌への負担が大きいため、その時にあったものを使うようにしましょう。

ショッピング → SPF/10 PA/++
お散歩   → SPF/30 PA/++
海やプール → SPF/50 PA/+++

このように、三種類を用途別に使い分けるとお肌への負担が減りオススメです。

顔に塗る時は、顔用と表示されている汗でも取れにくいものをチョイスしてみましょう。
メイクをする際は、化粧水、乳液、日焼け止め、ファンデーションの順番にしっかりとスキンケアすればメイクが崩れる心配もなく、しっかり紫外線を防ぐこともできます。こまめに塗り直しをすることも忘れずに!

紫外線対策していても避けられないシミ

外人女性の画像

夏真っ盛りの7~8月は紫外線の量が一年で最も多く、紫外線対策をしていてもシミができてしまう可能性は避けられません。
学校へ行って、放課後はお友達とショッピング♪
なんていつもと同じように過ごしているだけなのに、海に遊びに行った時の紫外線量とほぼ同じ量の紫外線をお肌に受けています。

日焼け止めも塗ってるし、紫外線対策してるから大丈夫じゃないの?
と思うかもしれませんが、100%カットするのは不可能なのが現実です。
すると、いくら紫外線対策をしていてもシミは避けられないということになります。
シミが目に見えていないから大丈夫と油断していてはいけません。将来のためにも、今からしっかりシミと向かい合い対処していきましょう。

シミの対処方法

野菜の画像
シミの対処方法としては、化粧水と乳液は、美白効果のあるものを選びましょう。
シミは、お肌が黒ずんで見えてしまうメラミンが原因です。美白成分には、そのメラミンの活動を抑える効果があるので美白と共にシミ対処にもなるのです。

また、お肌が一番吸い込みやすいのが化粧水と乳液です。これらに美白の成分が入っていれば、有効成分がお肌に浸透し内側からのケアが期待できます。

しかし、一番の基本となるのはお肌のことを考えた生活をするということです。
お肌のターンオーバーの周期は通常28日です。
「早寝早起き」、「3食時間を守ったバランスの良い食事」、「適度な運動」、この3つをしっかり守れば、ほぼシミは残らずきれいなお肌に生まれ変わることができます。

これを機に、一度生活習慣を見直してみてはいかがでしょうか?

汗がニキビの原因に

ひまわりの画像

次に肌ダメージの原因となりやすいのが「汗」。
汗はニキビを引き起こしやすく、夏のニキビは赤く炎症してしまう確立が高いんです。ニキビができるだけでも憂鬱なのに、治りにくいのも夏のニキビの特徴!

夏のニキビができやすい原因は、気温の上昇によって汗と皮脂の分泌が盛んになり、お肌に放置された汗が皮脂と共に炎症を起こしてしまうからなのです。
しかし、夏に汗をかいたり皮脂が増えるのは仕方のないことです。これらを抑えようとすると、体内のバランスが悪くなりまた新たな問題を生んでしまいます。
そこで、汗や皮脂を放置しないようにする対策を心掛けましょう。

夏のニキビで一番大切なのはニキビを触らないこと。
毛穴が開いているため、ニキビに触れた時に毛穴の中に雑菌が入ってしまいます。そうすると毛穴の中でさらに炎症を起こしてしまい、治りも一段と遅くなってしまうのです。
皮膚科で処方してもらった薬を塗る時は、石鹸で手を洗いお肌が清潔な状態になってから塗るようにしましょう。

ニキビの対策方法

清潔タイルの画像
ニキビの対策方法を学んでみましょう。
ニキビができてしまうのは仕方ありません。
できてしまったニキビにはスキンケアをしっかりし、再発を防いでください。
何度もできてしまうと、ストレスがたまりそれがまたニキビができる原因に…
そんな無限ループに陥ってしまう可能性があります。清潔を保ち、すぐに治してしまうことが基本となります。

まず、汗をかいたら自然乾燥してしまう前に、清潔なハンカチで拭き取りましょう。こまめに拭き取ることで、清潔さを保ち炎症を起こす危険性を弱めることができます。

清潔さを保つためといって何度も洗顔をするのはNGです。
日中に汗を拭いとっていれば、朝はぬるま湯でサッと洗い流すだけで大丈夫。
洗顔料は、洗浄力の高すぎない天然の固形石鹸を使用するようにしましょう。
洗顔の後は、サッパリ系の化粧水でカバーし、乳液で蒸発を防ぐことを忘れずに。ニキビは乾燥にも弱いため、冷房でお肌が乾燥してしまい治りにくいなんてこともあるのです。油分だからといって、乳液を敬遠してしまうとニキビにとってよくありません。

油断できない夏の乾燥

ビーチと看板の画像

最後の肌ダメージの原因は夏だからといって油断できない「乾燥」。
夏に乾燥するというイメージを持っていない人は多いのではないでしょうか。

実は、夏の乾燥は冬より厄介なのです。

「インナードライ」という言葉を聞いたことがありますか?
「インナードライ」とは、顔の表面は汗や皮脂で潤っているのにもかかわらず、お肌の内部が砂漠のように水分不足となっている状態のことを言います。そもそも、ベタつきやテカリの原因でもある皮脂は、お肌の内部の乾燥を防ぐためにたくさん分泌されます。
なので「皮脂が多くなる夏=お肌の乾燥が激しい」というわけです。
夏は外は灼熱なのにもかかわらず、オフィスやレストランは涼しくて快適ですよね。
夏の外の温度と冷房の効いた室内の温度が違いすぎ、お肌に負担がかかってしまっているのです。
これが夏にお肌が乾燥してしまう原因です。

さらに、気温差に身体がついていけず基礎代謝も低下してしまっていることで、お肌の乾燥だけでなく身体のだるさや目まいを引き起こしてしまう可能性もあります。

夏の乾燥の対策方法

海辺の画像
夏の乾燥の対策方法はシンプルです。とにかく、お肌に水分を染み込ませましょう。

洗顔後はもちろん、日中もスキンケアに注目し、こまめに化粧水をつけることをオススメします。
スキンケアの際に、注意点が一つあります。
必ず乳液でカバーすることを忘れずに。
化粧水をつけっぱなしにしてしまうと、お肌の温度ですぐに蒸発してしまい必要な水分まで失ってしまう可能性があります。オフィスなどでスプーレータイプの化粧水を使用する時にも、乳液をお忘れなく。

お風呂上りには、一度冷水につけて冷たくしたタオルを顔に2~3分あてて保湿してからスキンケアをすると、保湿力がさらに高まります。

また、洗顔と同じようにシャワーの浴びすぎも乾燥の原因です。
汗をかくと気持ちが悪く、一日に何度もシャワーを浴びていないでしょうか?シャワーを浴びるのは問題ないのですが、その際に石鹸でゴシゴシ洗ってはいけません。
石鹸には汗などを洗い流し清潔にするという特徴がある反面、必要な油分や皮脂まで流してしまうというデメリットがあります。
シャワーを浴びても、朝しか石鹸を使わないなど回数を制限するといいでしょう。

欠かせないスキンケアアイテム

お肌のことを考えて作られているスキンケアアイテムをご紹介しちゃいます♪

LOVE YOUR SKIN. BOTANICAL WATER/MILK

img

「国産オーガニック」と「お肌をキレイにする」の二つに注目して作られたスキンケアアイテムです。
のびごこがよくスーッとお肌に馴染み、ベタベタ感は一切ありません。
ボタニカルウォーターとボタニカルミルクのライン使いが、より一層モチモチ素肌を生み出してくれます。

そして、このシリーズはスキンケアアイテムとしても優秀なのに、デザインまで可愛いから女の子には嬉しい♡思わずお部屋のインテリアとして飾りたくなってしまうほどの可愛さです。

丹精こめて日本で作ったオーガニック植物の力のあたたかみと共に、自然と自分の心に寄り添うナチュラルな暮らし方を手ごろな価格で世界中のお客様にお届けします。

skinvill all in one gel cream

img

山田優さんをはじめとする有名人の愛用スキンケアアイテムとして知られているskinvill。
美容成分98%のジェルがお肌をしっかり包み込みます。

実はこのジェル一つで、オイル・化粧水・乳液・クリーム・パック・美容液・化粧下地と普段のスキンケアに必要な全ての役目を果たしてくれるのです。手間も省け時間短縮もでき、かなりのお役立ちスキンケアアイテムとなっています。
つけ心地もふっくらモチモチしており、ベタつきは感じられません。

さすが多くの有名人が愛用しているだけあるな~と納得のいくスキンケアアイテムです。

「汚れなき肌へ、肌運命を変える。」をブランドメッセージに掲げ、敏感肌の方にも使って頂きたい・・・という思いをこめてとことんこだわったスキンケアプロダクト。

For fam Outdoor UV milk

img

赤ちゃんから大人まで、家族全員で使えるUVケアアイテムです。
日焼け止め乳液のため、お肌に優しく石鹸でオフできるのが嬉しいですね♪

また、柑橘系の香りがついておりいつでも爽やかな香りがします。
実はこの柑橘系の香り、虫が嫌いな香りのため虫よけにもなるのです。市販の虫よけスプレーや虫よけクリームは赤ちゃん用というものが中々ないため、お肌への負担が心配ですよね。
For mamであれば、そのような心配は一切いりません♡

あなたとあなたの大切な家族を守るため、家族全員で使えるFamilly cosmeブランドを目指します。

 

Lara Republic ファミリーナチュラルボディクリーム

img

デリケートなお肌の赤ちゃんと一緒に使えるスキンケアアイテムを取り扱っているLara Republicのボディクリームです。
無添加高保湿のクリームのため、妊娠中にでも気兼ねなく使えます。さらに、妊娠線のスキンケアなどお母さん特有のお悩みも解決してくれる優れものです。

家族全員で使えるため、スキンケアを通して優しい家族の時間が持てるのも嬉しいですね♪

赤ちゃんから大人まで、心地よくスキンケア。
家族みんなで使えるから毎日のスキンケアをスキンシップの時間に。

しっかりとしたスキンケアで美肌へ

風船の画像

お肌に負担がかかりやすい夏こそしっかりとしたスキンケアで美肌になりたいですよね。
そのために、夏のスキンケアがどれだけ大切かということがわかりましたか?

夏のスキンケアをおろそかにしてしまって後悔するのは誰でもなくアナタ自身です。
すぐにできるスキンケアばかりなので、ぜひ今日から試してみてください。
何年後かの自分のために、今からできることはやっておきましょう♪

LINEで送る
Pocket

POPULAR“スキンケア”に関連する人気のまとめ

PICK UP“スキンケア”に関連するまとめ

Copyright© 2016 RonRon「ロンロン」, Inc. All Rights Reserved.

LINEで送る
Pocket