2016/07/28 ( Thu )

紫外線に負けない日焼け対策で美白美人に♡

MOMO

カテゴリー:スキンケア

LINEで送る
Pocket

美白美人の画像
今年の夏も、紫外線に負けない日焼け対策で美白美人を目指しましょう♡

露出が増える夏は楽しい季節でもあり、女性にとってはケアが大切になる季節でもあります。
特に『日焼け』は夏ならではの天敵です!

少しでも美白になるため、毎朝日焼け止めクリームを塗りますよね。
外出前に顔だけちゃちゃっと塗る方も多いのでは?

でもその方法では紫外線をカットしきれません!
カットできなかった紫外線は肌にどんどんダメージを与えてしまいます。

若いから日焼け対策はちょっとで大丈夫!と思っている方も気をつけて!
日焼けは肌を傷つけるだけでなく、乾燥肌やガンの原因にもなります。

日焼け対策がなぜ必要なのか再認識したうえで、しっかり日焼け対策を行うようにしましょう♡

日焼けを軽く見てはいけません!

女性の肌チェック

肌が焼けるなんてへっちゃら。なんて思っている方!日焼けを軽視してはいけませんよ!!

「日焼け」とは医学用語で日光皮膚炎、英語でサンバーンと呼びます。
分かりやすく表現すると、太陽によって皮膚がやけどをしている状態のことを日焼けと言います

人によっては日焼けした後肌が赤くなったり、ヒリヒリした痛みを感じたり、水膨れになることもありますよね。
それは完全に皮膚がやけどしている状態であり、皮膚細胞のDNAが傷ついている証拠なんです!

DNAに傷がつき、日焼けをそのまま放置していると肌の修復が追い付かなくなります。
そして結果的にはシミ、皮膚がんを引き起こす原因になると言われています
日焼けって実はとっても怖いんです!

日焼けのメカニズム!強敵は紫外線。

紫外線女性の画像
日焼けの原因となるのが、強烈な紫外線です。

お布団を太陽光に当てるのは、紫外線が菌を殺せるほどの威力を持っているから。人間も菌と同様に、紫外線にたくさん触れることで皮膚のDNAが損傷したり、皮膚がんを引き起こしてしまいます。

そういったトラブルが起こらないよう、紫外線から肌を守ってくれるのが黒い粒の”メラニン”!
メラニンが育成されることにより、皮膚の深くまで紫外線が入り込むのを防ぐことができるのです。
白人が日本人のような黄色人種や黒人よりも皮膚がんになりやすいのもこれに関係していると言われています。

つまり、紫外線から身を守るために、皮膚は黒くなるんですね。

「あれ?じゃあ日焼けしてもいいんじゃないの?」
と思いそうになりますが、メラニンは女性の味方であり、敵でもあるんです!

日焼け対策をする理由は?

サーフィンガールの画像
女性が日焼け対策をする理由は“シミやそばかすの少ない美肌になるため”

通常、日焼けを防ぐためのメラニンは肌のターンオーバーで落ちてゆき、
日焼けをする前の肌色とほとんど変わらない白さへ戻ります。
ただ、その育成と排出のバランスが崩れてしまうと、メラニンはシミやそばかすの原因になります!

増えたメラニンが上手くはがれ落ちれば問題ないのですが
紫外線を浴びる時間が過剰に長ければ長いほど、メラニンは多く育成され、
一部のメラニンが暴走し、メラニンの育成が止まらなくなるケースがあります。
また、肌のターンオーバーが上手くできなければ、メラニンを落とすこともできず、一部のメラニン色素が肌に残ってしまうケースも。こういったバランスが崩れてしまうと、シミやそばかすが増えてしまうのです!

つまり、美白美人になるためには紫外線を浴びないようにし、肌のターンオーバーを整えることが必要です。

若いうちは、ターンオーバーサイクルで余分なメラニンをまとめて片づけることができますが
年齢を重ねていくうちにターンオーバーは乱れ、余分なメラニンが皮膚に残ってしまいますので
今のうちからしっかり日焼け対策をすることが大切です♡

日焼けは病気の原因にも!

目の画像
日焼けはシミやそばかすをつくるだけでなく、病気の原因になる可能性もあるんです!

日焼けをした後、よく言われるのが「皮膚がんになるよ」という言葉。
いまいちどんなものか分からず、怖いなあと思っている方も多いのでは?
皮膚がんはどんな症状であれ、原因の一つには紫外線があると言われています。

比較的黄色人種である日本人よりも白人の方が皮膚がんになる確率は高いため気にしすぎる必要はありませんが、日本人が皮膚がんになる確率が0というわけではありません。そのため、むやみやたらに日焼けをするのはやめましょう。

また紫外線は皮膚だけでなく、他の部分の病原になりかねません。
例えば瞳。吸収した紫外線が細胞を破壊し、白内障、角膜炎、失明など目のトラブルも多数起こりえます。

これらの病気を引き起こさないためにも、できる限り日焼け対策はしましょう♪

女性のための日焼け対策

美白美人の画像
透き通るような美白肌になるためには、日焼け対策が必須ということはわかりましたね♪

短時間の外出でも、3分以上で肌は紫外線からダメージを受けるため、ゴミ出し、洗濯物を干す際なども日焼け対策をしっかり行いましょう!

そこで、一度日常的に使っている日焼け対策商品を見直してみてください♡
日常的に使っているアイテムでも、使い方を間違っていたり効果が薄くなっていると意味がありません。
特に、毎日使う日焼け止めクリームの使い方は間違っている人が多いので要注意。間違った使い方のままでは、紫外線をカットできず肌に負担をかけてしまうだけですよ!
正しい使い方と、日焼け対策にぴったりの商品で夏の紫外線を完璧にカットしていきましょう♪

正しい日焼け止めクリームの使い方

日焼け対策の画像
日焼け止めクリームはお肌になじんでから効果が発揮されます
外出直前や外出中に急いで塗ることがないよう、注意しましょう!
また、薄く伸ばすのもお肌を強く擦ることになり負担をかけますので、たっぷりの日焼け止めクリームをまんべんなく優しく塗りこみましょう♪

【POINT1】
一度全体に伸ばした後、同じくらいの量を重ね付けすることによって更に高い効果が得られます♡

【POINT2】
乾燥した肌に塗ると余計肌が乾燥してしまいますので、顔に塗る場合は事前に化粧水などで保湿することでお肌の乾燥を防ぎます!

【POINT3】
耳や首の後ろなどの塗り忘れにも気を付けましょう。
また長時間外出する際は、2、3時間おきに塗り直すのが理想的です。

【POINT4】
最後に、日焼け止めクリームをしっかり落とすことをお忘れなく。
強い日焼け止めほど肌へのダメージは大きいですので、残っていると肌トラブルの大きな原因になります。

日焼け止めクリーム以外にも、メイク時に使うファンデーションやCCクリームにもUVカット効果が含まれている場合があります!
少しでも紫外線を防ぐために、他の化粧品のUVカット面を意識するといいですよ♪

ディオール スノー ブルーム パーフェクト クッション

img

エレガンスなコスメを多数発売しているDiorのクッションファンデーション。
下地の上からポンポンと肌にのせるだけで紫外線から肌を守ります。
使い心地も気持ちよく、みずみずしい仕上がりにしてくれて、夏にぴったりのアイテムです。
お子様がいたり、お仕事で朝に時間がない!という方でも、これ一つで綺麗な肌を手に入れることができます♪

SK-II オーラアクティベーター CC クリーム

img

スキンケア用品が人気のSK-Ⅱから登場した日焼け止め効果のあるCCクリーム。
SPF50+で、ここぞ!というときにぜひ使いたいスキンケアアイテム。
素肌の血色を活かしながら、ナチュラルに美しい仕上がりになってくれるので、大活躍です。
スキンケアもしながら日焼け対策も!

日焼け対策商品でさらに美白へ

ハット画像
よりしっかり日焼け対策をしたいという方には日傘や帽子、サングラスもおすすめ。
日焼け止めが肌に合わなかったときや、日焼けしてしまってクリームを塗れないというときにも活躍しますので、持っておくようにしましょう。

最近発売されている日傘はUVカットの機能が生地に編み込まれているものが多いので、黒いものでなくても構いません。ですが、日傘の効果は約3年ほどと言われています。心配な方はUV加工スプレーなどでさらに対策を。

そして、眼球にも影響を及ぼす紫外線には”サングラス”で対策しましょう。
先ほどもお伝えしましたが、瞳が紫外線を吸収することで白内障などの病気を引き起こします。
特に目が弱い方は、UV加工されたサングラスを購入して着用してください♡
また、日常的に使えるUV加工された眼鏡も多数登場しています。
通勤、通学、日光の差し込むオフィスでのお仕事をしている方におすすめです。

帽子も顔周りの日焼けを防いでくれる優秀なアイテム!
日焼け止めクリームを忘れがちな首の後ろや耳も覆ってくれる、つばの広いタイプを選びましょう。
帽子の中には、UVカット機能のついているものも発売しているので、それを選ぶのもいいですね♪

帽子はつばの長さがとても重要です。顔に当たる紫外線をカットできる比率は、つばの長さが3cmで35%、7cmで60%、10cmで70%、それ以上の長さになっても効果は変りません。
ですので、帽子をかぶるのであれば、つばが7~10cmで一周全体につばのあるハットタイプが理想的です。

人気日焼け対策商品

サンバリア100の日傘

img

日傘と言えば、サンバリア100。

機能面に優れた紫外線、赤外線、可視光線100%カットの日傘です。
さらに、照り返しの紫外線も吸収してくれる優秀な日傘。
種類も豊富に揃っており、男性でも使えるサイズ、デザインが多い日傘ブランドでもあります。

左画像は5色展開の日傘で、フリルがついているのでシンプルだけど可愛い日傘がほしい方にはぴったり♡

KAWAGUCHI 紫外線カットースプレー

img

420mlと大容量のUVカットスプレー。
帽子、日傘、衣類にスプレーすれば日焼け対策はばっちり!
カーテンに振ると室内での日焼け対策にも♪

日傘などのUVカット効果は数年で薄れてしまいますので、使っている日焼け対策愛用グッズにUVカットスプレーを振って効果を長続きさせるのもアリ♡

RayBan(レイバン)のサングラス

img

サングラスブランドの中でも有名なRay・Ban(レイバン)。
世界中から愛されているサングラスブランドでエマ・ワトソンやレディー・ガガ、中村アンさんも愛用してるんですよ♡

全部のレンズに紫外線対策加工がされていて、デザインも豊富だからお気に入りのサングラスも見つかるはず!
この機会にぜひ一度購入してみては?

JINSの眼鏡

img

低価格でお洒落なメガネを販売しているJINS。
中には、気軽に利用できるUVカットタイプの眼鏡もあるんです♡

様々なファッションブランドとコラボしているデザインのものもあるので、お気に入りが見つかりますよ♪
こちらの眼鏡はJOURNAL STANDARDとのコラボ。
お洒落なデザインで、目が悪くなくても使いたい日焼け対策アイテムになっています。

室内でもしっかり日焼け対策!

カーテンの画像
お部屋にいることが多い主婦の方でも安心できない室内での日焼け。
UVカット機能の高いカーテンに変えてしまうのもおすすめです。
夏にぴったりな風を通しやすいレースのものも多数登場していますよ。
太陽光の明るさを取り入れつつも、紫外線はカットしてくれるアイテムを選んでみましょう。更に紫外線を防ぎたい!という方には、UVカットシートを窓に貼るという技も!
ホームセンターなどで手軽に購入できちゃうところもいいですね。お部屋の明るさを損なうことなく1年中紫外線を防げます。

また、UV加工されたパーカーなどUVカット効果のある衣類が最近多く登場しています。涼しく感じられるようなものもあるので、暑いからと言って避けず、快適に過ごせるUV加工のパーカーを探してみましょう。

日焼け後のアフターケアは?

花の画像
すでに日焼けをしてしまったという方のアフターケア。
一度焼けてしまったからと諦めず、これ以上日焼けがひどくならないように気を付けましょう。

日焼けはやけどと同じ原理。
やけどしたときと同じように、ヒリヒリが治まるまで冷やしてください。
熱、ヒリヒリがましになったら、乳液などで保湿を。
このとき、油分の多いものは逆に熱がこもってしまうため使用を控えてください。

また、日焼けした肌は熱を放出するために汗をたくさんかきます。
いつもより水分を多くとりましょう。

日焼けしてしまったら、また新たに日焼けしないように今まで以上に努力することも大事。
日傘などで焼けた肌を紫外線にさらさない努力を!

もし痛む範囲が広く、水膨れになったりした場合は皮膚科で適切な治療をしてください。
水膨れがつぶれたり皮がめくれた状態の肌は非常に敏感になっており、肌荒れ、感染症の心配も。
日ごろ使っているスキンケアがしみたり日焼けした部分に炎症ができるようなら使用をストップしてください。

日焼け対策をして美白美人へ

サングラス美人の画像

日焼けのしくみ、日焼けの怖さから、日焼け対策、焼けてしまったあとの対処法についてお話させていただきました。
日焼けへの正しい知識を身につけて、きちんと対策することを心がけてください。
ほんの数分紫外線にあたるだけでも、肌はかなりダメージを受けます。
この一瞬が将来のシミになるかもしれません。
今のうちからしっかり日焼けを防ぎ、みんなからも憧れられるような美白美人になりましょう♪

LINEで送る
Pocket

POPULAR“スキンケア”に関連する人気のまとめ

PICK UP“スキンケア”に関連するまとめ

Copyright© 2016 RonRon「ロンロン」, Inc. All Rights Reserved.

LINEで送る
Pocket